当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
何故か今更

 → allcinema ONLINEのニュース欄に、

名優ケネス・ブラナーが、今度はモーツァルトの名作オペラ「魔笛」の映画化に取り組むことが明らかとなった。



 てゆーニュースが載っとります。

 そ、それはだいぶ前から明らかになっていたような気がしますが・・・、『名優』と書いてあるからとりあえずは、よろしい、と思ったりしました。

 それより先に「お気に召すまま」に注目しようぜ!と思ったのはさておき、私がパパゲーノと再会する日が、確実に近付いていることをひしひしと感じます。
 

 Kenちゃん、素敵に作って、私をおかまのパパゲーノのトラウマから救い出して下さいよぉっっ!
 お願いですからぁっっ!!
 (わたしのトラウマを知りたい方は →こちら)
 
 
スポンサーサイト
missionのなぞ


 《「M:I-3」から人気女優2人が離脱》 てなニュースが、いろんなとろで取り沙汰されているようなので、imdbに見に行ったんですが↓。

         Mission: Impossible III

 スカーレット・ヨハンソンとキャリー=アン・モスは確かにもう載ってないけどkenちゃん居残りですねぇ。

 ・・・7月にクランク・インて・・・それまでに終わらして駆けつけるのか?!

 いやいや、それよりも、ストーリーを練り直していたら有名女優を起用するはずだったキャラが(それってチョイ役じゃないでしょ?)2人消滅するとは・・・?
 スケジュール遅れで持っていかれちゃったんじゃなくて?

 
 kenちゃん出て下さい!すごいわる者で!!

 ギャラをいっぱいもらって、また何か作ってね☆

なにゆってんでしょう?
 ええ~、世の中にはわからんちんなこともよくあるものでして、私もそのうちの半分はわかろうとし、半分はしらんフリをする、所詮その程度のヤツなんではありますが、今日は以前わからなかったことに、挑戦しようという意欲が勃然とわき起こりまして。

 すごーく

 何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も何回も
 繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し


 同じビデオクリップを見たのですが。↓(たぶん要RealPlayer)

 だいぶん前の記者会見


 ・・・・やっぱ何言ってんのか 全然わかんない!!

 みんなマイクがいけないんだ!!(いや、それはどうかな?)
 響きすぎて聞き取れないんだ!!(ということにしたいんだな?)

 ・・・努力は実を結びませんでした。
 なにゆってるか知ってるかたは教えて下さい。
 ↑他力本願・命


ヾ(´ー` )ノ
 

 ずいぶん悩みましたが、有力候補でもあり、TAMAさんの情報もありということで、 

   David  Oyelowo 

 は、「デヴィッド・オイロワ」に決定することにしました。ヾ(´ー` )ノ
 (人の名前を勝手に決定していいのであろうか・・・という意見は自分の中で追放済)


 せっかくなので、私の中で生まれた、「Oyelowo」読み方集。

 オイロワ  オイェロワ  オイロー  オイェロウ 

 日本人として見たまま読むと、「オイェロウォ」などという、???なことになってしまうし。

 今こうして書いてみても思うんですが、外国の名前を日本語表記するのって、やっぱり難しいであります。

 ムリに本当っぽく書いたら、「ディヴィッ(ド)・オ(ィ)ロ(ワ)」?(カッコでくくってある字は、何というか、半分だけ発音したいのであります。)

 でも多分、オイロワさんという名字の人とは知り合いにならないと思うので、発音するときの心配までは無用だと、後で気付きましたヾ(´ー` )ノ 

(;´Д`)

 ホントにわかりません。

 どうしたらええんでしょう。

 カタカナ表記がいくつかに分かれていたり、めんどくさかったりすると直さないでそのまま書いていたりもしていますが、真剣に読み方が判らなくて困惑です。

 (;´Д`)適当にも読めません。勘の世界です(;´Д`)

 ひょっとしてわたしがバカまるだしなのですか?!
 それでもいいから、誰か・・・誰か教えて下さい!!(切実)

 David  Oyelowo って、どう読むの?!

  
小ネタ : から騒ぎ


 今月のスター・チャンネルの特集が、「ラブ・アクチュアリー・スペシャル」で、イギリス映画いろいろと、英国俳優出演作いろいろの2種類、計10本を放送するわけです。

 その中に、「から騒ぎ」が含まれているのですが。

 特集用CMでの、紹介のされ方が・・・・。

 エマだけが何カットか映る・・・・これは、今回はエマつながりの放送だからわかるのですが・・・、あおりの文句がですね。

 
 エマ・トンプソンの、豪快な演技に脱帽。

 ですって。

 豪快・・・・??
 そりゃまあ、「繊細な演技」ではないでしょうけれど、キャラクター的にも、役者的にも。
 
 そういうふうに思って見たことは・・・・なかったですな。
 
 けど、もうちょっと何か他の言い方はないんでしょうか、スター・チャンネルさん・・・・。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。