当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「教えて!goo 」 で検索してみる その6

 探検している間に、一件くらい増えたっていいんじゃないかと考えていたのですが、全然です。
 だからといって、結果を捏造したのではカワグチヒロシですから、ヘビが降ってこないことを祈りながら先へ進みたいと思います。

 昨夜、いやなことを思い出したあと、いやなものを見つけてしまったため、最悪な気分で月曜日を迎えてしまいました。
 しかし私には、次に素晴らしい質問が待っているのです。

 №14「人生を変えるキッカケの映画教えて」です。
 
 人生を変える映画。
 なんでしょう、それは。
 私にもそんなのあったのでしょうか。
 ・・・・あったから今こんなことしているんでしょうか。
 ビデオテープの耐久性に楽勝するほど同じ映画を見るというのは、つまり人生変わっているのでしょうか。
 ビバ! DVD!
  
 

あなたの人生を変えるキッカケになったような映画を教えてください
ビデオで借りてみます


 
 人生を変えてみたい人なのでしょうか。
 ビデオ屋に行くだけで人生変えられるとは思えませんが、やみくもにジャケ借りしたりして、失敗の末ヤケクソになるくらいなら、人の見たいい映画を見た方がマシでしょう。

 でも人生が悪い方に変わった映画を紹介するということも、ある意味正解なので、この人の運命やいかに、です。

 ・・・なーんて思って回答を開くと、いきなりファン発見です。
 それも、かなりのファンのようです。

 

シェイクスピア喜劇の面白さを知ったのは、『から騒ぎ』(監督:ケネス・ブラナー)です。これ以後、シェイクスピアの戯曲を読むようになりました。



 Kenちゃんのシェイクスピア普及運動にはまってしまったようです。
 でも、次がうらやましいのです。

ケネス・ブラナーを初めて知ったのは、『ピーターズ・フレンズ』。今は無き(というか名称変更した)銀座テアトル西友の地位が、私のなかで不動のものとなった映画のひとつです。


 
 ほとんどの人生を関西に暮らす私には、銀座テアトル西友がどんな場所だったのか、そしてどうなったのか皆目わかりません。
 が、この方が『ピーターズ・フレンズ』を劇場で見たということは、大変うらやましい!!じゃないですか。

 ああぁ~見たかったなぁ~ ×100
 いーいなぁ~ ×100


ケネス・ブラナーと言えばエマ・トンプソン。エマ・トンプソンはやっぱり『ハワーズ・エンド』。アンソニー・ホプキンスとのコンビは『日の名残』でも健在です。

 なんか、好きな映画の話になってしまいました。



 ええ、そうですね。ちゃんと読むとどうも答えにはなってない気もします。
 でもそれでもいいです。
 

 私はあなたがうらやましいです
スポンサーサイト
コメント
コメント
銀座テアトル西友
鈴笙亭さん、銀座テアトル西友
って 『舞台より素敵な~(忘れ
た)』を上映していた銀座テアト
ルシネマのことですよ。
7年前の映画館マップにありました。 『舞台より~』を上映すると聞いた時は 銀座プランタンの
向こうの向こうの向こうの銀座の
端っこで人が来るのか?と
悪態をつきましたが
『ピーターズ・フレンズ』も
やってくれていたんですね~。
あぁ、悪口を言ってごめんなさいー。
反省する機会を与えて頂きまして
ありがとうございました。トホホ
2005/02/14(月) 13:42:13 | URL | りり #-[ なおしたいよ]
はじっこなんですね。
お銀座に行ったりしたのって、かれこれ10年近く前で記憶の彼方に消えとりますが・・・
これからはよろしい映画館としてバッチリ記憶しておきましょう。
『地位が不動に』なったりして・・・。
このネタの方もきっと『舞台より~』見に行かれた筈です。
わたしもいきたい。トホホ~
2005/02/14(月) 17:12:16 | URL | 鈴笙亭 #DdoNFZdk[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。