当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
火曜じゃないか!!!
 

 ああ~、また知らない間に火曜日になってるじゃーありませんか。

 そうとは知らず、違うことを考えていたために、書き始めた今がもう23時!!!過ぎてるよっ。
 そりゃズルして時間をずらすのは簡単ですが、それもつまんないので、なんとかしないといけないというわけでして。

 まあ、誤字脱字は後ほど直せばよろしいことなのですが、やつぱり全然探してなかった(いや、今週に限っては不可能だったのですが)ので、そもそもそこのそころからして問題です。

 問題ですが、まあそこを何とか・・・

 まず最初には、「ヴァージン・フライト」のご感想レヴューを、 天井桟敷映画館さんから。
 すてきに紹介してくださっているので、誰かが見たくなってくださるような、そんな気が致します。
 

 わたくし常々、「ヴァージン・フライト」の見どころは、


 ストッキングかぶったkenちゃん!


 ・・・と人に説明してしまいます。
 だって、頭にも心にも焼き付いて離れないのですもの。

 しかし、この映画の評・感想内で、この部分に触れたるものは未だかつてお目にかかったことが無く、とてもふしぎです。
 不思議ですがしかし、やはり普通は『感動系の作品』という位置づけなのは明らかなので・・・そりゃそうだよな、とも思う次第なのです。
 
 そんな偏った見方をしているのはお前だけ!!!

 ・・・・と言う説もございますが、やはり布教(?)のためにはみんなに見てもらわないといけないわけでして、相手によってはそのような説明で騙して見てもらおうと、新しいことを考えつきました。
 
 ところでこの方は吹き替えでご覧になったそうなのですが、一体どなたがkenちゃんに?
 ・・・・って、そうか、DVDを買えばいいんだ?!
 (↑ビデオが3本あるから満足していた)



 ところで、あといくつもヒットした、同じ内容のものがありまして。

 ええと・・・ここ何日間か(10日以内)にアップした記事の中で、どうもいつまでもM:I-3からkenちゃんが外れない(笑)
 
 殆ど・・・というか、まあ内容が全く同じ(キャリー=アン・モスとスカーレット・ヨハンソンも出ることになったまま)なので、つまりはソースが同じなのだと思うのですが、そんな哀しい情報をみんなが信じてしまったらどうしましょうな感じです。

 でも、なぜかこの情報の中には、ジョナサン・リース=マイヤーズがキャスティングされた、ということも含まれていて、微妙にへんなかんじです。
 それは3人みんなが降板してしまってから、報道されたような?
 
 身長もんだいなんかと同じで、元はひとつでそこから派生しているのだと思うのですが、難しいもんですねぇ。

 もちろん、それはマチガイ!ということはなくて、「やっぱり出るじゃん」とかだったら、それはとてもよろしいのだけれど、・・・・ま~、それは無いんでしょうし・・・(哀

 
 なにせ調べる時間というか書く時間がとても差し迫っているため、ここまで、にしたいところですがそれも淋しいので、もうひとつ。

 以前も紹介させて頂いたポチル私抄さんからですが、

イギリス俳優が、
特にエマ・トンプソンと
ケネス・ブラナーと
アラン・リックマンが出演している映画ばっかり購入!
えへへへへ



 という一文が気になりTB。

 なになに、何を買ったのですか??
 もしかして、アレやコレですか?!←なんだ?

 是非、アレやコレを見て楽しんだ後は、その素晴らしさ(?)を世のため人のために布教していただきたい!と思います。

 そしてもしもアラン好きが高じて、私の財布が到達しなくて未見であるこれを見たら、どんなだったか教えて頂きたいです(笑)

 

 ううん、今週は間に合わせだったな・・・。
 しかし、仕方がありまっせん!!

 なぜなら、もうあと数分で、火曜日が終わってしまうのです。


 別に置いたネタはありませんが、探索しきれなかったものがあるとしても、それはそれで来週の肥やしってことで!!


 いいのか、それで?!


 ・・・・いいんだもん・・・・・・・たぶん・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめましてw
天井桟敷映画館のオーナー?です(笑
映画のレビューをこんな風に紹介してくださって嬉しいです。
元はといえば、ヘレナ・ボナム・カーターが好きで、それならこの映画・・と紹介してもらったのが始まり。
でもなかなかレンタルショップにも見つからず半年以上は探しました。

素敵な映画でしたね~。
ケネス・ブラナー格好良かったです!
ロストヴァージンの相手を頼まれて、すごくたじたじになったところなんかとても。
そしてひとり、銀行強盗の練習(爆
ストッキングを被ったシーンをあえて皆さん書かないのは、まさに感動がかき消されそうな気がしてしまうからではないかな。。
ある意味衝撃映像でしたね。

吹き替えは谷口節さんという方が担当されていました。
違和感なし。とても上手かったと思います。

2005/06/08(水) 09:34:54 | URL | tatoまめ #-[ なおしたいよ]
うちも…
まだ消してませんが…(忘れてたり?(^^; )ミッション、ここに来て企画自体が危うくなって来てません?(^^;
Kenちゃん、魔笛に乗り換えて正解ね(笑)
こちらもぼちぼち話が進んでるようですよ。
2005/06/08(水) 19:25:59 | URL | TAMA #Sg9jiOX2[ なおしたいよ]
飲み過ぎました(笑
というわけで、遅くなってしまいましたが、tatoまめさんこんにちは。
ストッキング・シーンを衝撃映像と言ってくださって嬉しいです。
でも、どっちかっていうと笑激映像?
あのまるいサングラスも、すごく似合わなくて大好きなんですが。
ヘレナが好きと言うことは、ここでも過去に話題沸騰(笑)した、あのイタリア映画はご覧になったのでしょうか。
もし未見なら、絶対に見るべきだと思いますっ。
ちょっと私はまた見ているところがヘンですが(爆)、ヘレナはすごく若いし、イタリア語で喋ってましたしねぇ。


TAMAさん、でもニュースに「出ないみたいです」って書いてあるからいいのでは??
私が見つけたいくつかの記事は、6月に入ってからの「最新情報」としてバババーン!と書かれていたので、それもどうよって話ですから・・・(笑

魔笛・・・・Kenちゃんよろしくお願いしますよっ。
私の悪い思い出を、すべて払拭する傑作にしてちょうだいな、と思って待ちます~。

ミッション、一応クランクインの日取りも決まったみたいなので、やるのはやるみたいですよ。
でも見る理由がなくなったので、少なくとも映画館には行かんでしょう(笑
2005/06/09(木) 13:11:14 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
つまり、なぜ、ブラナーさんが
日本趣味に走っているのか、
その接点はMIだったわけですね。
MIに出演することで、TOM様は
ブラナーさんと、サムライについて、
10回くらい読んだ「武士道」
(新渡戸稲造著)について、
暇なときにアツく語ったもんだから、
影響受けやすいブラナーさんが
影響されたに違いない、と
LOUVY CORPは踏んでいるわけです。
2005/06/09(木) 18:37:15 | URL | 東 #YRhWMEFo[ なおしたいよ]
???
う、う~ん、どうしてもトムに繋げたいようですが・・・、トムが武士道に走る前から、kenちゃん(ヘンに)日本好きだったので、私はそれは全く無関係だと思います~。
なんか、向いている方向も違いますしねぇ・・・。
イギリスでも日本好きな方って、それほど珍しくないですから、アイデアポイントがどこかは謎ですね。
ただ、19世紀の資料については、トム君にも借りたかも知れないですね。
2005/06/09(木) 20:02:43 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
それじゃー
古代松のアイデアはトムからのアドバイスだったのかー??(爆

先日教育テレビで『魔笛』のダイジェスト版をやったのをご覧になりました?
ウルトラマンを手がけた人が演出をしていたので オペラなのに怪獣が踊っていました。
笑えましたよ~。
2005/06/09(木) 23:32:54 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
だ、だから・・・
魔笛は見られないんですってばっっ(笑
Kenちゃんが関連しなきゃ、一生もう見ないはずの演目でしたからっ、ええ!!
けど怪獣かぁ・・・それなら見たかったかも。
トンデモ系演出の舞台は笑えますからねぇ。
どこが舞台だったんでしょ。元はエジプトだったと思うけど、怪獣はいませんよねぇ。

古代松はチャリティ方面つながりっぽくないですか?
保護りましょうって活動が軸のようなので、どうもよくわかんないんですが・・・。
ラスサムの時収集した19世紀日本の資料、時代がかぶってそうなので借りてないかなーと思って。
イギリス人は来ていたので、洋書でもきちんとした資料があるのですが、やはり微妙な偏りが・・・?!

2005/06/10(金) 01:08:19 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
TOMTOM
そうですね。
TOM様を
ブラナーさんにつなげたい私。
個人的には、いちおし俳優はキアヌです。
一押しアクトレスはキャミーかしらん。。。

キアヌの「からさわぎ」での、へたっぴ演技も、
キアヌならOKです。
彼は集中力にむらがあります。その点、さすが
シェイクスピアじこみのブラナーさんは、
いつも全力投球で、役者のかがみ!!

今日はブラナーさんの「ハムレット」をかりてますが、長そうなので、まだみてないのです。。。
2005/06/11(土) 23:58:20 | URL | 東義真 Louvy Corp #YRhWMEFo[ なおしたいよ]
4時間です。
もうご覧になりました?
リチャード・ブライアーズのまゆ毛は必見ですよ。
左ですよ、左。
もう目が離せなくなりますから・・・。

トムにもキアヌにもまったく興味がないし、私がわざわざお世辞を言わなくとも、彼らにはファンがいっぱいいることでしょうから、敢えて作りませんが・・・、
トムはシリアスよりおバカな役、キアヌはヒーローより変質者の役、だったら気が向いたら見るかと思います(笑)
2005/06/14(火) 15:15:40 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

 銀座テアトル西友で「フェアリーテイル」(no.27)を観る。  1920年に発表された妖精と二人の少女との写真が「コティングリー妖精事件」として歴史的に名を残す事になる。  1999年に生きる現代人の目から見ると明らかに作り物としか見えない妖精写真を当時の社会は一大セ
2005/06/17(金) 00:46:40 | 大いなる遡行(アスランの映画クロニクル)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。