当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Dream roadshow ?
 

 夢が白黒(モノクロ)の人がいる、と何度聞いてもイマイチ信じられないのですが、起きていても妄想たくましい私は、当然(?)カラーの夢を見ます。

 しかし最近気付いたのですが、いつも生活して見えている視点とはちょっと違う。
 視点というより、映像そのものが違う。  


 どういう事かというと、その度ごとに「撮影条件」が違うみたいなのです。
 「撮影条件」だけでなく、後の画像処理も。

 なので、テレビドラマ風のこともあるし、妙にハイビジョン風だったり、レトロな映画のようだったり。
 
 ・・・私の夢は、番組なのでしょうか?!
 いい方へまわったら、作品か?!
 (でも夢だからもちろん、いろいろ破綻している)
 
 

 ここしばらく、あんまりドリーム劇場が面白くない日々か続いていました。

 広い広いサウナ御殿に監禁されて、出口を探して彷徨うアドベンチャー。(←多分、暑かったのでしょう)

 かと思えば、迷路のような氷の洞穴の中を、薬草を探してただひたすら歩き回り続けるとか。(←クーラー消し忘れですね)

 本宅で前に書いた『ユアン・マクレガーが醤油屋の若旦那』という夢以来、苦しい系ばっかりだったのでした。

 
 しかしちょっと暑さに慣れたおかげか、久しぶりにいいのを見ました。
 でもそれがたいへん不思議なのです。

 夢なんです。
 私の夢なんですが、完全に映画なのです。

 だから私は一切出てくることはなくて、なんと視界の中に字幕まで出てくる。

 しかも、もちろん、


 そんな映画ない。 んです。

 
 無いんだけども、あったらいいなぁ、というものでした。

 (しかし、字幕付きの夢ですからね・・・もうこの時点で、私の「Kenちゃんに日本語喋ってもらう楽しい夢をみる」という野望は失敗に終わっているのですよ・・・)

 以下、夢↓。


 主人公のクリスバート(Kenちゃん。そしてこの名前は多分、寝る前にやっていた仕事由来)は、売れない舞台俳優。本当はミュージカルをやりたいのだが、いつもオーディションに落ちてしまい、落ち込んで八つ当たりをしたため、幼なじみでもあった妻に「だいたいアンタは歌がヘタなのよ!いいかげん諦める事ね」と捨て台詞付きでついに愛想をつかされる。(ちなみに、なぜかKenちゃん30過ぎくらいなの。今じゃないのですよ)

 ヤケクソになってパブで記憶を失うほど酒を飲み歩き、サイフはすられ、靴は無くし、いよいよテムズ川に飛び込もうかというところで、夜勤帰りの看護婦の自転車と衝突、自分ではなく彼女を河にたたき込んでしまう。
 早朝から騒ぎを起こしたことで、警察にこっぴどく叱られ、パトカーで家まで送られるのだった。(サイフがないから)

 しかし、打ちひしがれる彼に同情した(面白がった)プロデューサーの紹介で受けることになった、ミュージカルのオーディションについに合格。出て行った妻を見返してやろうと、必死に稽古に励む。しかし監督は厳しく、やはり自分にミュージカルは向いていないのか・・・とくよくよもする日々。
 オマケに戻ってきて欲しいと詫びを入れるつもりで会いに行った妻には、おもいきり憎まれ口をたたいてしまい、見事なパンチを見舞われるのだった。

 再び(というより、どうもこれが彼のパターンらしい)朝までパブをハシゴ。やはりボロボロになって、川面を見つめていると、先日の看護婦がやはり夜勤帰りで通りかかる。
 これも何かの縁とばかりに、お詫びを理由に自分の出る舞台に彼女を招待しようと考える。芝居は好きかと訊ねると、「大好きよ」という返事にもうルンルン。
 連絡先を聞き出して、その日の夜に出来たばかりのチケットを届けに行くが、彼女の口から出たのは「お芝居は大好きだけど、ミュージカルだけはどうも苦手なの」という言葉。
 あわてて別の芝居に誘い直し、もちろん自分がそのミュージカルに出演していることは言いそびれてしまう。
 仕方がないので(?)そのチケットを妻に送るのだったが、入れ替わりにポストに届いていたのは、裁判所からの離婚請求書類だった。

 どうせ自分には向いてないんだ、これが最初で最後の機会に違いない、と開き直り、必死に稽古した甲斐あってか、なぜか舞台が超好評。
 しかし件の看護婦とデートする度、ばれないようにするのに必死。
 しかもそのことが妻にバレて(まだ離婚してないのか・・・)更に騒動に。
 どうする?!




 ・・・という。

 まあそんな感じの、楽しいドリーム劇場でした。
 
 なんでありもしない映画の夢を詳細に見てしまったのか、それはやはり謎です。
 こんな映画ってありそうなんだけど、似たようなものを見た記憶もないし・・・。

 やっぱり、暑くてどうにかなっちゃったのでしょうかねぇ・・・・。

 
 というわけで、とりあえず私の脳では上映済み。
 まだ単館ですから、どなたか今晩コレを見て、ロードショーを実現して下さると幸いです。

 ちなみに私は結末まで見てしまいましたが、もしかして人によっては変わるだろうという気持ちで、とりあえずここまで・・・。

 妻とよりが戻るのか、看護婦を落とせるのか、ってか両方ダメなのか、そこのところはあなたのお好み次第です☆

スポンサーサイト
コメント
コメント
夢はカラーがあたりまえでしょ?
夢を白黒で見てしまう人のほうが驚異の能力ではないかしらん。。

いつも世界をカラーで見てますし、白黒テレビもないこの時代。。。。
2005/07/30(土) 22:22:47 | URL | 東義真 Louvy Corp #YRhWMEFo[ なおしたいよ]
当たり前でもないようですよ。
まあ統計も、何故かという理由についても、諸説ありますので(つまりすげー長くなるので省略)、気になるようでしたら調べて楽しんでみて下さいね☆
2005/07/31(日) 02:13:52 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
夢ですか・・・
お久しぶりです!
さて、夢劇場ということですが、自分のバヤイは大抵「ゾンビ+銃+刀」のような夢ですねw

但し、いつもオチは同じなのです。

武器を大量に(実際に私の所有しているトイガン)持っているにもかかわらず、「撃てない」か「壊れている」ので負けます・・・。刀を持っているときも思うように斬れず追い詰められることがほとんどです。
そしてついに、「喰われる!?」とおもった瞬間に目が覚めて心地よい疲労感wに苛まれるわけです。
ホラー映画を見た後は1週間くらい負け戦です・・・はぁ。
以上、夢での勝負に勝ったことがない漢stuck-manでございやした。
2005/08/06(土) 01:52:38 | URL | stuck-man #-[ なおしたいよ]
お久しぶりです~
毎日あついですね~、もう溶けまくりです~。
私は大抵、物騒で無い夢を見るのですが、バイオレンスな展開にならない、というだけのことで、銃を分解・組み立てし続ける訓練の夢、とかたまにみます 。(軍事関係者ではないんですが)
でもって、なんだかミスってて肝心なときに使えないとか(笑)

イヤだな~、と思っていることが実現する夢を見る傾向って、あるみたいですよ~。
(私は乗り物がキライなので、夢でよく事故に遭遇します。ビビリなの)
所持品を整備して、敵(?)にそなえましょう!
おもちゃのてっぽーも、時々面倒みてあげないと、具合わるくなりません?!
(てゆーか、私は全部もらい物なので、ほったらかしなのだが・・・)
2005/08/06(土) 06:24:52 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
35度は駄目ですよ・・・
いやぁ~、暑いですねぇ~。
トイガンも整備していたほうがいいのですが、潤滑油やクリーナーかけすぎてベトベトになったことがあります。ホドホドにしないといけませんなw

私もビビリ(ジェットコースター乗れない人)なのでこういう夢を見るのかもしれません。
心を鍛えて、いつの日か夢の中のアンチクショウに勝ちたいとおもいます!
2005/08/08(月) 13:59:56 | URL | stuck-man #-[ なおしたいよ]
思い出したので
(むかしもらった)モデルガンに(もらった)ガスを充填して、「くそー!!暑い暑い暑い!」とアルミ缶に乱射したら、「・・・・」つ、強すぎでした・・。
くれた人がマニアだったので、勝手に改造済みだったみたい(笑)
こんな危ないもの、うかつに人にあげられないし、護身用に持ち歩くには重すぎだし、泥棒撃退専用にしますわ。

ちなみに襲われる夢では、銃などと言うしゃれた武器は一切登場せず、いつも、「バット」「パイプイス」「つけもの石」などで応戦しています。
まあ、大抵は一目散に逃げるんですけど(爆)
2005/08/09(火) 06:21:42 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。