当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
火曜日あとちょっと・・・・
 

 お久しぶり~、なのですがしかし、大変なことになってしまいました!
 今日書く分の発掘だけ済ませて、出かけたりご飯食べたりしていたら、超眠くなっちゃったので寝て起きたら・・・、ひぇ~、火曜日が、火曜日が去りそうになっているじゃないですか!
 (一体おまえはどんな生活をしてるんだ!!)

 
 しかし、今朝は4時半に起きたのです。
 仕方がありません。
 てゆーか、そんなどうでもいいことを言っている間に、本当に水曜日になってしまいそうなので、本題へ~。


 
 

 休んでいた間があったせいもあるのでしょうが、みょーに沢山みつかりました。
 いっつもこれくらい見つかったらええのになぁ、と思いつつ。

 
 まずは定番(?)の「フランケンシュタイン」。
 red_zombieさんの →marginaliaから。
 やはりホラーの棚に置いてあるのも定番ですが、ぜんぜん怖くないので、ホラーと思って借りた人は落胆するでしょうねぇ。
 しかし、「オセロ」がホラーの棚にあるよりは、若干いたしかたないような気もします。 
 この作品では、「デ・ニーロすごかった」という感想が、割と多いのですけれど、私は特にそう思ったことはないので、なんでだろうか(テレビのせいで、結構な回数見ているのに)・・・と考えましたが、「それはやっぱり、あまりデ・ニーロに重きを置かない鑑賞だからですよね・・・。
 それより他のことが気になっちゃって。
 ちなみにやっぱり、あのコート、欲しいです!

 あと、 →amazonのいい商品を紹介し続けるBLOGというところで、取り上げられていました。
 アマゾンの感想(だろうもの)がくっついているのですが、その絶賛具合に・・・・・不覚にも爆笑してしまいました。
 もちろん、絶賛しているモノだけを抽出してあるんだと思うのですが、どうしてでしょう、なんでも褒められすぎるとカユくなるのは・・・・。
 

 お次は、世にも珍しい・・・というか、まあそれは仕方がないのですが、「Five Children and It」の感想を、ギニーさんの →* 映画日記 *より。
 残念ながら、ハゲヅラに関する言及はありません。(←あたり前)
 へんなおじさん、映画館で見たいなぁ・・・。


 「謀議」のレビューは、 → 心の栄養♪映画と英語のジョークさん。
 この作品に関しては、内容や背景に対して言及のある、まともな(?!)紹介・感想を書かれる方が多い気がするのですが、それはなぜかというと、そういうことに興味でもないと、たぶんつまらないから、でしょうか・・・。
 会議映画(ん?ドラマだっけ?)ですからねぇ、とことんずっと・・・。
 寝ちゃった・・・人は、感想なんて書かないと思うし・・・。
 でも、コリン・ファース好きの方の人数を考えると、これももうちょっと感想来ないかになぁ、と思いつつ、「ツッコミどころが限定されていて書きにくい」のかも、と思ったりもします。
 ちなみに私の感想は、「おいしそう・・・」です(笑


 ああー、ここで、アウト!
 水曜になってしまいましたよぅ。
 
 で?
 そんなにいっぱいないじゃないかって、思います?
 思いますよねぇ。
 でも、大丈夫です、あります!
 「骨折り損」放映特集バージョン、今から書くから許して下さいよ~。
 
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
no title
TBとブログの紹介、ありがとうございました<(_ _)>
ケネス・ブラナーの出ている映画をあまり見てなくて(^^;;) 「謀議」で初めてまじまじと彼の顔をじっくり見させていただきました^^ 素敵でした♪ 彼はあんなに綺麗な青い目だったっけ??とあらためて感心したりして^^ 他の記事もこれから読ませていただきます♪^^
2005/09/28(水) 01:08:06 | URL | メル #-[ なおしたいよ]
こんばんは~
素敵と言って頂けて、とってもうれしーです☆
実はこの企画やってると、「大嫌い」というののも、まま、目にするので・・。
機会があれば、レンタルの時の「もう一本」に、Kenちゃん混ぜて見て頂けたら嬉しいです。
最近は「舞台より素敵な生活」がわりと好評です♪(私のイチオシは鼻血シーンですけど・・・・・)
2005/10/01(土) 20:41:53 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
絶賛ですねぇ…色んな意味で(笑)
ブラナー監督の猟奇的ダークサイド…爆笑してしまいましたわ(笑)
ヘレナもねぇ、よくやりましたよね。彼氏に依頼されたら拒めなかったんでしょうかね?(^^;
自分の彼女をあそこまでずたずたに出来ちゃうKenちゃんって…なるほどぉ、そうだったんんですね(笑)

「Five Children and It」、もうご覧になった方がいらっしゃるんですね。
私も早く字幕付きで!観たいです~~。
たまに思い出したら投票してやって下さいねん(^^;
http://www.flix.co.jp/TitleRanking/?action_List=26,31

謀議はですねぇ…何故かこれ系の作品に縁のあるKenちゃんですねぇ。
何故なんでしょう(^^;
冷やか~な目が堪りませんわ(笑)
そう言えばKenちゃん、確か以前ホロコーストの映画を見た後、怖くてうなされたとか言ってましたっけ?どこで読んだっけなぁ…?

2005/10/02(日) 09:47:04 | URL | TAMA #Sg9jiOX2[ なおしたいよ]
ヘレナの必殺技
Kenとヘレナは撮影中に急接近したようですから
ヘレナはあれでKenを落したのかー??
一応 Kenがエマにこの役をやってくれるかどうか聞いてみたら
「初々しい少女の役はできない」と断られたらしく 結局オーディションで
ヘレナに決まったようですが(ケイト・ウィンスレットは落ちたらしい)
やっぱりヘレナの気合勝ち?
ティム・バートンの時は サルメークでしたもんね。
ヘレナ 狙った獲物は体当たりでモノにする。 見習わなくては!(深い意味はありません 笑)
2005/10/02(日) 14:03:20 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
ロン毛のヴィクター
相変わらず、ヴィクターは笑わしてくれるキャラですが、同じ頃の「本人」は結構好きなんですよ、わたし~。
なんか割といい写真多いんですもん、あの頃の。(でもヴィクターが好きなわけじゃないのっ、それとコレとは別なのです!)

TAMAさん、そんなこわいホロコースト映画って何でしょう?
「夜と霧」とかでしょうか。
今後も更に悪いひとの役とか、回ってくるんではないかと思うのですが、その時は是非、「見た者を悪夢に呼び込むわるい奴」の名演をお願いしたいですねぇ。(って、私は本当にファンなのかよっ!?)


ヘレナの力業なのか、kenちゃんの力量(?)なのかは、あの時点ではわからないけど、その後を考えると、ヘレナはあんなの何とも思ってないのでは?!
サルメークもそうだけど、その後も、今の彼氏は「彼女を美しく撮る」ことなど念頭にないご様子ですし。(オタクのセンスは次元が違うのかも・・・)
アニメ(ではないのかな、ストップモーションみたいなので)の新作も、似てますけど「・・・」ですよねぇ。
あっ、アレですよ、フランケンでげしょげしょにされて、きっとクセになったのですよ!
あれもこれも愛!!(本当か!?)
私も見習わなくては!(って・・・どうやって・・・?)

「へんなおじさん」投票、テンプレ直付けだったので、消えちゃったんですよねぇ・・・。
次回の改変(もうすぐなんだけど、タイミングが~)に、また全部くっつけときますねぇ~っ。
2005/10/02(日) 20:23:09 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

1942年1月20日、 ベルリン郊外のとある屋敷で、 ナチス親衛隊中佐、 アドルフ・アイヒマン(スタンリー・トゥッチ)は、極秘会議の準備をしていた。やがて第三帝国の高官達が次々に到着。そして最後に保安警察長官、ラインハルト・ハイドリッヒ(ケネス・ブラナー)がリムジ
2005/09/28(水) 01:10:26 | 心の栄養♪映画と英語のジョーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。