当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
仕切直しですっ。 by 火曜日
 

うへー、なんだかんだで、結局休みっぱなしになってしまっていてすごく悲しいんですが、今度こそ仕切直したいわっ。

 とか言いつつ、熱が下がった途端に、調子よくワインとかやっちゃっている、懲りない鈴笙亭です。(赤なのに、何故かつまみはイカ・・・・)

 「骨折り損」特集を書く、と言い放っておきながら、流れ流れて2週間、どうしよう、もういいか・・・とも思ったのですが、探しておいた分はブックマークで残っているし・・・。
 若干(じゃないだろっ)、タイミングを逸してしまっているわけですが、そこは勘弁していただきたい!!
 
 ・・・というわけで、強行いたしますですよっ!

 
テレビ(と言っても所詮BS。9時から民放吹き替え放送されても困るのだが・・・吹き替え見たこと無いしな・・・)でやっただけあって、さすがに9月上旬、「骨折り損」エントリーが、いままでになく豊作となったのでありますが、そこは、まあ、


 「骨折り損」ですから・・・・


 ええ、ええ、そうなんですよ、アラを探せば「・・・」。
 しかし、愛を持って、見て下さる人だって、いるはずいるはず・・・・・、と探検は続くわけですよ。

 私はね、好きなんですけどね・・・。
 まあね、味方が多い人には敵もいっぱいいるってことで、好きも嫌いもそれぞれでございます!
 当方では、いい意見しか採用しないのです!(爆)
 
 というわけで、「恋の骨折り損」を気に入って下さった方のエントリーだけを、厳選して紹介いたす所存です。
 いいんだ!
 だってそういう主旨なんだもんっ。
 (大分遅いんだけどね、そこは勘弁。)


 リッツさんの →リッツ日記より。
 
 

適度にバカっぽくて安全にハッピーな可愛い感じがイイ



 おおー、そうかもしれないわ。
 バカッぽさが適度かどうかはわからないけれども、『安全にハッピー』とは言い得て妙ですよ、全く。
 微妙(か?)に予定調和的とはいえ、やっぱりパターンは黄金なのだ!!とでも申し上げておきましょう!
 ついでに言うと、『ムリには勧めないが、好きそうなら、楽しめそうだと思ったなら、見てくれたらいいなぁ』というのが、私のkenちゃんムービーにおける、特にファンではない人への思いなので(ファンだったら見ないといけないのだ!)、その辺も同感かも知れません。

 ついでに、宝塚へのおすすめも、わかるなぁ。
 私の母が『ヅカファン』なのでそれとなく知っていますが(私は一緒に行ったりはしませんが・・・)、これはマッチしそうな気がします。
 そういえば、『から騒ぎ』はやっていたような。
 シェイクスピアって、話は転々とする部分もあるけれど、要は王道ですからね、うまく構成すれば、どれも宝塚のネタとして、通用しそうな気がしないでもない。
 って、見たいかどうかは・・・別として(笑
 まあ全然知らないんですけどね、母とビデオを見たことがあるようなないような、その程度の知識しか・・・。


 dona-loveさんの →A favorite thing does not have reasons !からは、実は、ケネス・ブラナーも好きです。という告白付きで!
 「実は」などと言わず、好きだ~!と言っていただきたい!!(ムリ?!)
 
 Kenちゃんが実は(いや、別にヒミツにしてないけど)アイリッシュだったという話が噴出していらっしゃいます。
 
 そうなんですよね、ベルファスト出身って、聞きようによっては結構物騒なもんでして。
 まあ、危ないから移住した・・・というようなことだったようですが、移住するくらいだから、相当危なかったのでしょう。
 
 しかし・・・いろんなところで見るのですが、そんなにキーファーと似てますか?!
 私にはわからないんですが(これにはいろんなわけが!)、そうなんでしょうか。
 ちなみにKenちゃん、どっかで、くりぃむしちゅー上田に似ているとまで言われていましたが、そうでしょうか?!
 実はくりぃむしちゅー上田がイマイチ誰だか(との人だか)わからないのですが、それは私があんまり普通のテレビを見ないから?
 
 まぁ、生まれはアイルランドだが、ガキの頃からイギリスにいるしなってことで、勘弁してやって下さい(なんのこっちゃ)。


 モダチョキさんの →チョキチョキ日記 からは、「マシュー・リラードを見たくて」とのこと。
 誰を見たいかは人それぞれ、マシューを堪能できたでしょうか、それが心配です。
 が、「最高でした」と書いて下さっているので、最高だったということで、良しと!

 詳細にストーリー説明や、分析をして下さる方が、インターネットの中ではいっぱいいらっしゃいまして、私はどんどんズボラになってゆくわ!
 さんきゅー、皆さん!私のためじゃないと思うけど、ありがとうバーバラ!(意味不明) 
 
 私は、この作品は愛があって大すきです。
 どんな愛かは、そりゃまあ、ひとそれぞれってことで。
 (シェイクスピア愛でもkenちゃん愛でも。それ以外でも)

 この映画の日本のサイトって、結構『アホ』を全面にクローズアップしていて、それはそれは笑えた気がしますが、今でも残ってますか?
 
 ちょっと(どころではない?)おポンチで、いい意味でガックリな感じがたまらない(ヲイ!!!)、「恋の骨折り損」、廉価版で発売して普及して欲しい私なのです!
 だってさ、かわいいでしょ、みんな!

 全く関係ない(ようなことな)のですが、サイトの名前から、私は、『へびー9』・・・を思い出してしまいましたよ、古いなぁ・・・・。(わからないひと、ごめんなせぇよ・・・、って、誰も判らなかったら、わたし悲しすぎですよ・・・)
 あれから10年は経ってるぜ!
 そりゃー歳もとるっちゅーねん!!(どうでもいい・・・)


 うねさんの →やっぱ、宇宙って超不思議からは、ええ、はいはい赤字で『ひとりだけおじさん』を指摘されています。

 それはあまりにも本当の事すぎて、わたくしも、もう何も申し上げることはございません。

 考えようによっては、監督も自分でやっちゃう役者にしか発生しないであろう、大変珍しい現象なのですから、普通じゃなかなかありえない妙なキャスティングを、是非とも皆さんに楽しんでいただきたいです。
 (笑っても良い。それは可です・爆)

 

満面笑みのブラナーさんを見てると、シェイクスピアってそんなにい面白いの?と羨ましくなってくる


 
 と書いておられますが、私にとってのこの映画は、超嬉しげなKenちゃんを鑑賞するためのもの。
 たとえどんなにアラがあろうとも、興行がコケようとも、おかげでその後に響こうとも、嬉し楽しくルンルンで踊り回っているKenちゃんを見ているだけで、幸せな気持ちになるのです。(←いいの、わたしアホだから・・・)
 
 シェイクスピアがオモシロイかどうかよりも、「ああ~、本当に、好きなんだねぇ、よかったねぇ」と思えて参ります。
 
 これからも、映画や舞台の世界で、Kenちゃんが好き勝手できることを切に願っておりますので・・・。(活躍できることを願うんじゃないのか!)
 

 って、ここまでは昨夜本当に書いたのですが、回線具合がへんでー、アップ出来ませんでしたよ、トホホ・・・。

 でもかなしいので昨日のそのままの日付であげちゃいますよ。
 ズルしちゃいますよ・・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは
初めまして、リッツ日記のリッツです。
トラックバックありがとうございます、ケネス・ブラナーのファンでいらっしゃるんですね!
私も好きですよ、見るたびに演じるのが楽しいんだろうなぁと思うんです(笑
『恋の骨折り損』なんかはその最たるものですよね!
ストーリー的にもそうですが、幸せ感が漂う映画で大好きです。
やっぱり撮影の雰囲気とか監督の心意気とか(笑)出るのかなぁとか思ったりして。
あ、映画の日本公式サイトはまだ残ってますよ、実はブックマークしてます・・・えへ。
また遊びに来て頂ければ嬉しいです、では!
2005/10/12(水) 22:54:13 | URL | リッツ #-[ なおしたいよ]
no title
はじめまして、チョキチョキ日記のモダチョキと申します。
ご紹介下さり、大変恐縮です!
タイトルから想像していたのは、もっとバカっぽい作品かと思っていたのですが、観てビックリです。
ミュージカル調で歌ったり踊ったりする展開が、私にはツボで、とても楽しめました♪
一人だけ、おじさんだけど目立った存在だったケネス・ブラナーもカッコ良かったです。
勿論、私の中ではマシュー・リラードが一番なんですけど。(笑)
2005/10/13(木) 00:23:46 | URL | モダチョキ #-[ なおしたいよ]
はじめまして
宇宙って不思議のうねでございます。
ケネス・ブラナーのファンの方のブログに紹介していただくとは!ありがたいやら申し訳ないやら。
もうちょっと失礼じゃないように書いておくんだったなどと後悔しております~。
世界のシェイクスピア・リーダーに対してこんなこと言うとまた失礼かもですが、この映画のブラナーさんはほんっとキュートですよね!
わたしも、超嬉しげなkenちゃん(これからわたしもこう呼びます!)からは正体不明のハッピー感をたくさんもらいました。
これからも舞台に映画に活躍…じゃなかった好き勝手できることを、わたしも陰ながらお祈りしておりますv-22
2005/10/13(木) 01:10:15 | URL | うね #-[ なおしたいよ]
はじめまして
ウチも昨夜回線の具合がイカレてまして、挨拶が遅くなりました。「実は」とぶっちゃけましたdona-loveです、はじめまして!
そしてblog紹介・・・じゃなかったKenちゃん作品紹介にblogを使っていただき、うれしいやら恥ずかしいやら、です(苦笑)。一体どんな風になってるんだろう?と危惧する必要は全くなかった(笑)ので、安心しました。私が仕事中に「笑うな!注意!」状態で辛かったです(涙)。「Kenちゃんだなんて、隣のオッサンじゃないのにぃ~」(失礼)と名称に笑わされ、鈴笙亭さんの書き方に笑わされ、愛情一杯のこのサイトのファンになっちゃいました。
ちなみに、やっぱりキーファーに似てますよぉ。似てると思い込んでいるので、「似てない」とは死んでも言えませんけど(笑)、くりーむ上田よりは確実に似てますよぉ~。また遊びに来ますね。長くなり失礼しました。
2005/10/13(木) 14:45:42 | URL | dona-love #-[ なおしたいよ]
ありがとうございま~す☆
まさに勝手に紹介させていただいているだけに、訪れてまで頂いてとても嬉しいです~。

リッツさん、あの(へんな)骨折り損のサイト、まだあるのですねぇ。
いやぁ、あんなにバカ満載で映画を宣伝するなんて・・・、またやって欲しいです、是非とも。
演じるのが楽しいっていうか、大好きなんだろうなーと、何を見ても思うのですが、渋い役とか、カッコいい役より、何故かへんな役のほうが嬉しいです。
ビローンは、ヒゲの形がとってつけたような感じのため、どのシーン、どの角度から見ても、私を笑わしてくれる素敵な男です。
また遊びに行かせていただきますね♪

モダチョキさん、恐縮していただいたりして、私が恐縮ですv-15 
もっとバカッぽい・・・いや、私的には十二分にバカッぽかったのですが、まだ足りませんでしたか?
それじゃこれからもっと頑張って、バカっぽく楽しい映画を作ってもらわなくっちゃ~。
どうせなら「大学生」という設定を外しちゃえばよかったのに、なんでそのまま自分をぶちこんでしまったのか、それはKenちゃんだけが知っているヒミツです・・。
たぶん変えるのがめんどくさかったから、「まー、いけるだろ!」てな感じだったんではないかと勝手に思います。
サントラはお買い求めになりましたか?
マシューの歌声も入ってますよ~。
たまにお安く叩き売られていますから、機会あればお試し下さいまし。

うねさん、ありがたくも申し訳なくも、失礼でもないのでございますよ!
考えようによっては、私がいちばん失礼なのですから!
Kenちゃんの野望は、気軽に楽しめる大衆的シェイクスピアのようですから、笑ってハッピーになって、それでいいんですよ、きっと(喜劇だし)。
とりあえず次は、出演はないですが、舞台でアヒルちゃんと組んで(?)楽しいことをやるらしいです!
こっそり応援してあげてくださいまし~。

dona-loveさん、ご心配おかけしましてすみませ~ん。
こんな感じになってます。だいたいいつもアホです・・・・。
Kenちゃんは・・・私がファンになった時は、まだギリギリ「おにいさん」だったのですが、時が流れておっさんになってしまいました。
しかし以前書いたのですが、「Kenさま」と言うと、全然別の人のようだし、なにより知れば知るほど自分にとって「Kenちゃん」なので、彼がじいさんになってもこう言い続けてしまうと思います(爆
キーファーに似ているかどうか、わからないのは、双子の実の兄たちのせいなので、普通の基準ではもしかしたら似ているのかもしれません。
確かめようかと思うのですが、私は『24』を見ると寝てしまうので、わからないままに・・・・。
よく言われているので、いずれ検証してみなくてはならない、と思いつつ、きっとやらないだろうとか言ってみたりして。(えーかげん・・・)
またお暇な時にでも、おいでくださると嬉しいです。
2005/10/13(木) 21:45:17 | URL | 鈴笙亭 #DdoNFZdk[ なおしたいよ]
no title
やっぱ骨折り損は話題に事欠きませんねぇ(笑)
私は歌いながら天に昇っちゃうKenちゃんが大好きでございます。
思わずバッカ~っとか笑いながら何度も観てしまうんでございますが…。
未だ詳細不明のお気に召すまま、どうなっています事やら…?
またきっと楽しげ~なKenちゃんが観られるんだるな~っと超期待しております~(^^;
2005/10/14(金) 08:22:37 | URL | TAMA #Sg9jiOX2[ なおしたいよ]
口が開いたわたし。
(突然)噴水に入って大喜びするベネディックより、さらに上行くバカでしたね・・・、アレは・・・そう、「天にものぼる心もち」というやつ?(って、そのまますぎだよ・・・)
笑いたかったのですが、周りが誰も笑っていなかったので、ガマンしました(劇場)。
しかし開いた口を閉じるのは、なかなか難しかったです・・・(爆
お気に召すまま、ヒミツですねぇ、そろそろ小出しにしてもいいのに。
いくつかみつけたんですけど、なんかわざとおもしろいところをヒミツにしているような、そんな感じ・・・。
んじゃちょっとまた探してきますかねえ・・・。
2005/10/14(金) 09:58:58 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。