当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
もちろん見てます
 はいはい夢ですよ~。
 見てますよ~。
 ふつうのストレスがものすごく少ないせいか、いつもよりよく見ます。
 
 ・・・・って、単に、いっぱい寝ているからのような気がしないでもないですが、とにかく頻度は普段より高いです。

 どうせろくな夢じゃないんですけども。



 ・「As you like it」 
 
 私が旅行をしていると、封切りになってしまいます。(そんなことはない筈ですが、まあ夢だから)
 で、夢の中ではインドにいるわけですが、どうしても見たい。
 見たいので、在留邦人だとか、インド人だとかの協力を得て、ムンバイだかバンガロールだかで、一館だけやるらしいという情報を得るのです。(それもないでしょう、一館だけなんて、ねぇ・・・)
 こうなっては仕方がありません。
 かなり離れた地域にいるのに、私は初日に見るために、列車に乗ってそこへ行こうとします。

 が、道中さまざまなトラブルに巻き込まれ、しかも列車はあり得ないほど遅れ、車中で何度も「ケネス・ブラナーって誰?」とインド人に言われ、説明し・・・。
 ここからあと数時間、というところで、何と橋が落ちていて列車が止まり、私は前に進めなくなりますが、(現実の私にはないほどのバイタリティで)周りのインド人と共にトラックをヒッチハイクし、オートリクシャーを値切り倒し、バスの屋根にタダ乗りして、その街にたどりつきます。
 行動を共にしていた人たちも、私が妙にアツく語ったせいで、映画を見たくなっていて、一緒に行くことになり、意気揚々と映画館に乗り込むのだった・・・という、アホなロードムービーのような夢を見ました。

 そしてロードムービーよろしく、映画館に入って行くところで終わってしまったため、映画は見られませんでした。(見たことの無い映画だからそこで終わったのでしょうか・・・・)
 うーん、残念。
 映画館に入ることができていれば、私が捏造した『お気に召すまま』が上映されたかもしれませんのに・・・・。



 ・懸賞にあたる

 何だったか忘れましたが、何か商品を買って応募すると車があたる、という懸賞(だと思う)のポスターを、こちらで見かけました。
 どこの国でもあるんだなーと思いながら眠ったら、夢の中で懸賞があたりました。(安直だなぁ・・・、夢とはいえ。)
 懸賞にあたるとKenちゃんとインド旅行ができるのです。(なんでインド?)

 懸賞にはバス一台分くらいの人があたって、ツアーで旅行するのですが、夢なので大変都合が良くできており、ルートは私が訪れたことのある都市ばかり。
 ツアーなのに食事はフリーになっていて、ここぞとばかりに私は、おいしいマサラドーサーのお店を教えてあげたりして、大変楽しい思いをするのだった・・・という・・・・どうしようもない夢も見ました。
 
 しかし舞台が外国であることと、私がここのところ日本語で生活していないせいで、やはりKenちゃんは日本語を喋ってくれず、普通に英語でした。
 
 自分の居るところに、無理矢理登場させるために、懸賞に当たる夢を見るなんてまさにバカまるだしですが、何の懸賞であったものか、どうしても思い出せないのが心残りです。
 でも、その日洗剤を購入したので、恐らく洗剤だと思います。


 
 ・ハムレットを集める

 とある宮殿の中で、秘密組織(笑)と取引をしなければならず、深夜に出向くと、取引がいつのまにかゲームにかわっており、私は宮殿(超広い)のあちこちに隠されている箱の中から、ハムレットの部品を全て集めなければならなくなります。
 集めるとどうなるのか、集めきらないとなにがヤバいのかわからないのですが、とにかく集めないといけません。

 この「ハムレットの部品」というのがくせもので、箱の中には、本当に「部分」が入っているのです。
 腕とか、足とか。
 
 何キロもある巨大な「シェイクスピア辞典」のようなものを持って歩き、調べながら、パズルを解いたり合い言葉を言ったりすると箱のある部屋に入ることができます。
 集めるハムレットは、もちろんKenちゃんのハムレットで、シーンで言うとラストの服装で、全部集めると、死んで最後に運ばれて行くあのハムレットが完成するらしいのですが、もちろんダミーが混ざっていて、間違えると「シェイクスピアのカルトクイズ(英語)」に答えなければ、その部屋から出られないという、拷問のようなゲーム。(一体何の組織だったのか・・・)

 一番痛いダミーは、もちろんレアティーズの部品です。
 なにせ、服装が同じですからねぇ・・・。
 他には、別のハムレットの部品がいろいろまざっておりまして。
 開けると、オリヴィエ先生のハムレットの生首とかが入っていたりして、びっくりします。
 私の知らない部品も当然あって、それは、私が見たことの無い誰かのハムレットという設定のようでした。

 結構ながい夢だったと思うのですが、断片的でルールの詳細は不明です。
 夢だから、途中でどんどん変わって行ったのかもしれません。

 とにかく私は、月明かりの宮殿の中で、「ハムレットの部品」を探し歩きます。
 で、レアティーズの部品にひっかかって、何回目かの部屋から出られなくなり、「シェイクスピア作品の主人公の名前を、Aのほうから順に、間違えずに全て羅列せよ」とかいう感じの質問に答えきらないところで(書き留めるものがないので、辞典はあるけど順番を間違えて、最初からやりなおしになる)、はっと目が覚めました。
 
 Kenちゃんの首はみつけられませんでした・・・。(あとは右腕と首だけだったのに・・・)
 
 なんでこんな夢を見たのか、ぜんぜんわかりません・・・・・。

 
 
 だいじょうぶでしょうか、わたしの脳は・・・・。


 
スポンサーサイト
コメント
コメント
どうも~。
何てすてきな夢なんでしょう!
しかし「部品集め」ではフランケンシュタイン的発想に駆られてしまいました(笑)
そして…私は現実の世界で「ケネス・ブラナーって誰?」を周りに連発されています(涙)
夢もウイルスのようにネット感染しないのかなぁ(爆)
感染といえば、蚊、大丈夫ですか?
2006/02/01(水) 22:34:14 | URL | red-handed #-[ なおしたいよ]
蚊・・・・・・。
結構刺されています・・・
日本製の蚊取り線香が、ガンバっテます・・・・
なくなったらどうしようかな~・・・・
まあ、感染するほどでは無いと思うので、痒いだけですが、嫌で~す。
2006/02/06(月) 01:38:06 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。