当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
お気に召すかも。


 日、一日と忘れっぽく進化し続けている私は、《『お気に召すまま』日本ロケを襲う会》(あれ?こんな名前じゃなかったかも)のお話からこっち、自分がお話自体がうろ覚えになっていることに気付き、想像をすることすら難しい状態だったので、急遽、図書館で本を借りてまいりました。

 お話自体は覚えていても、それは、

 ・森に隠れ住むことになった女の子たちがいて、一人はなぜか男装することになり、
 ・兄弟げんかして追い出された末の弟と男装の女性が恋をして、
 ・しかし彼女は別の女にも惚れられてしまうのだが、
 ・なんかいろいろあって、最後はみんな結婚した。


 ・・・という、あらすじにもなんにもなっていない、とりかえしのつかないほど抜け抜けのもの。
 いけません。 
 これでは妄想もできません。

 と、いうわけで、読みました。



 自分で作るシェイクスピア第五弾ということで、そして21世紀初の長編監督作として、どんな味付けやビックリを盛り込むのか・・・は、ナイショで(いや、意外ともらしているか・・・)kenちゃんが考えてくれているので、それはおいといて。
 
 やはり問題は、問題はですね、

  自分はどうかするのか?!

 しか無いでしょう。

 前作で、どうしてもやってみたかったBerowneを、「年の差なんて気にしないさ!」と、陽気に踊りきったkenちゃんです。
 出演はしてもらわないと困りますが、映画ってば舞台と違って年齢にシビアですから・・・。

 自分でつくるんだから、好きなように、なにをやっちゃったっていいのだ~♪
 とはいえ。
 
 まず、女は外してぇ・・・
 それなりに出演機会が多い人(希望。一瞬では淋しいから)。
 大胆にスクリプトを変えてくる可能性も否めませんが、改作みたいなことはしない傾向なので、人物関係はこのままとして・・・。

   
喧嘩が強いらしい若者・オーランドー

不思議に横暴な人・フレデリック

召使いのアダム

たのしい道化・タッチストーン

オーランドーの兄じゃない方の、ジェークイズ

恋する男・シルヴィアス

追放された公爵



 こんなところでしょう。
 しかし、このあたりでもう、いろいろと問題が噴出しています。

 まず、オーランドー。
 これは・・・『恋バカ』ですが・・・三人兄弟の末っ子です。
 他の出演者とのバランスがどうとかよりも、これはやはり、本物の若者でないと、映画自体の仕上がりが危ぶまれそうです。
 ネタは仕込むけれど、誰もがひっくりかえるようなことは、さすがにやらないでしょう、ということで、これはナシ。
 森に愛の言葉をばらまいて歩くところは見てみたい気もするけれど、きっとkenちゃんがどこかから若者をナンパしてきて演じさせ、我々に「この人、誰?」と思わせる作戦だと思います。
 これからも若者が必要になってくることがあるでしょうから、ファミリーに登録(?)すると同時に、びしばし鍛える、とか。

 同じような理由で、シルヴィアスも、どこかから誘拐(舞台からか?)してきた若者とかに役をふって、ギャラを浮かす計画があったりしそうです。
 そうそう、そうして浮いたお金で、日本にいらっしっゃいませよ。


 フレデリックは・・・わるものな上、おしまいには登場もしないで心をいれかえてしまう、割と投げやりに描かれた人物のようなので、『ラストシーンにはいてほしい』との私の希望から、もう却下。
 それに、急にいい人になるその理由が、『たまたま出会った老人と、暫く問答をしていたら』です。
 なんだ、そりゃ。
 目障りなやつを一網打尽にしようと出陣しておいて、それはないでしょう・・・と、納得がいかないっす。


 アダムは、どうやら80歳と、かなり高齢(それなのにあまりいたわられていないような扱いですが)だそうなので、リチャード・ブライヤーズ氏にお願いしたらいいと思います。
 おじいちゃん、がんばれ。
 お寿司食べに来て下さい。

 オーランドーの兄じゃない方の、ジェークイズは、どうも挙動が不審でしょうがないので・・・・(病気か?この人)もちろん、私の中ではマイケル・マロニー!!
 べつに、まろやんを連れてきてほしいから、無理矢理はめ込んだわけじゃありません。
 ピッタリの役が、あるじゃありませんか、あなた!もうこれしか無いでしょう、と思ったんですもん、本気で。


 てなわけで、タッチストーンしか残りません。
 長~いセリフも喋れるし、意外と、というかかなりおいしい役どころだし。
 トレヴァー・ナンの十二夜で、ベン・キングズレーのフェステのイケてる度は、私の中では相当なものなので、もうちょいバカっぽくなると思うけれど、すごくいいのじゃないかと。
 目立たずにはいられないってことで、いけませんかね。

 追放公爵にしちゃうと、まろやんと(勝手に決定しているよ、わたし)楽しい問答があるけど、それだと老け役にしないとバランスが悪いし、タッチストーンとのほうがこっちも楽しめそうに思えますし。
 
 そういうわけで、私の結論は、

タッチストーンを自分でやって、
ジェークイズをまろやんにして、
日本にしばらく来て欲しい。



 です。
 全く予想ではありません。
 希望です、希望!!

 それだと私が大喜び、という以外に、根拠とか理屈とかは、全くもってございません。
 
 もし、もっともっと『これはいいぜ!!』と思うものがあったら(そりゃあるでしょう)、是非ぜひ私に教えて下さい。

 もっと妄想しますから!
 

 ※シルヴィアスとウィリアムを間違っていたので直しました。

 
 

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
デレくんは?
まだ、5ページくらいしか読んでいないので全然わからないの
ですが、Kenがタッチストーンをやりそうなのは決まりですね。
デレくんとブライアン・ブレシドの出番はなさそうですか?
私は主演女優が誰になるのか知りたい!!どの役が主演なのか
まだ分かっていないところが痛すぎますけどー。
Kenは主演・監督作品で主演女優に惚れる→デートする→離婚する 
なので 今度のお相手が誰なのか それだけが楽しみ!
そんなことばかり言ってるとKen-Friendsから追い出されちゃうー

鈴笙亭さんに Kenと結婚する知恵を授けて差し上げようと
細かいところを調べているうちに面白くて夢中になってしまい
ましたー。そんな暇があるのなら『お気に召すまま』の原書を
読めるように修行しなきゃいけないのにね、私。
2005/03/11(金) 20:48:42 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
考えます。
「若者」はナンパ・誘拐の可能性が高くて、情報量不足の私には思いつけませんが、もう少し考えてみます~。
 
女が4人しか出てこない本なので(しかも舞台は森だから、モブもなし)ので、おばさん、おばあちゃんは出番無しそうですが、おじさん、じいさんなら。

原書・・・マギーの課題で読み上げ食らったことがありましたが、現代の英語も終わっているのに、500年前の言葉なんて意味がわからないことばっかりでした。
よくわかりませんって言ったら、「わからなくてもいいから、言うとおりに発音せよ」と言われたので、わからないままです。
きっと私には死ぬまでわからないでしょう。
2005/03/11(金) 22:00:28 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
やっぱり暴れ馬
英語が出来る人は必ず「シェイクスピアの英語は難しすぎてわけが分からない」って
おっしゃるんですよ。 
その点、私は怖いもの知らずで困っちゃう~。
Kenが シェイクスピアのどういうところに心酔しているのか どうしたら解るように
なれるんでしょう?
私たちが時代劇を好きなのと 大して変わらないのでしょうか?(いや、違う)

『お気に召すまま』である程度成功してもらわないと 『マクベス』が作れなくなりますから
鈴笙亭さん いいキャストを考えてくださいね。
2005/03/12(土) 00:20:05 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
似てるかも・・・
古語、という程ではないので、「ござる」とか「左様」とか「拙者は」とか、そのレベルの違いなのかも知れないですね。
 
能の謡本みたいな感じかも。
よく聞いたらわかる(だいたい)、けど今とは違うものの言い方。

単に、シェイクスピア個人が詩的に表現している部分が、「まるきり謎だらけ」のような気もします。
2005/03/12(土) 01:09:06 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。