当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
kenちゃん無差別絨毯爆撃!第三回。


 さあ~、来てしまいましたよ、『火曜日は爆撃の日』が。
 結論から言うと、先週火曜の段では本当にやばかったのですが、週末あたりでなんとか目鼻はついておりました。
 しかし、問題は一向に解決していません。

 検索の方法そのものとか、各サービスの内部検索に手を伸ばすことで件数が稼げたことは事実ですが・・・やっぱりそれは過去の記事。

 つまり、新しく書かれて増えたわけではないのです。

 やっぱり、来週はどうなっちゃうの?な状態は同じなのです。

 まあもうこうなったら、どんどん遡ってでも構わないから、とにかく続けるかぁ、とか思いつつ、新しく誰か記事を書いて下さることを熱望してはいます。
 それにはニュースが必要か・・・?!
 それは・・・私にはできないですから・・・(泣
 


 泣き言を言っていても仕方がないですから、気合いを入れて参りましょう。

 まず最初は、Kenちゃんの演技がちょっと苦手、という記事をsans-souciさんから。
 好きと言っていないのに何故紹介するかと言えば、苦手な理由にちょっとうけてしまったから。
 から騒ぎのレヴューとしてのエントリーなのですが、どうやらこの方は・・・『殿ファン』のようで、デンゼル絶賛です。
 クローディオに、「あなた、騙されすぎです。」とツッコミを入れておられますが、同感です。
 私も、クローディオってアホだな~と思ってました。
 あんなに入れあげておいて、あんなに冷たくされたら、悲しいだけでは済まない気もします。
 許してあげるヒーローも問題です。
 でも映画では、見間違いとはいえヤバいシーンを目撃しているけれど、確かシェイクスピアの『から騒ぎ』には、それさえもなくて、クローディオは伝聞だけで騙されたような気がしますから、ちょっとはマシですよね。
 こちらはもう更新をしていらっしゃらないようですが、記事が面白かったので、ご紹介です。


 お次は、dailie morlieさんから、『舞台よりすてきな生活』のレヴューです。
 現在巡業中ですから、この映画の紹介記事はかなりあるのですが、なにか理由がない限りは外しています。
 今回の理由・・・それは、この方が男性だということです。
 タイトルがイケてないので見ないでおこうと思ったが・・・『主演を見ると、ケネス・ブラナー!大好きな俳優だ。』
 男性のファンだってもちろんいないはずはありませんが、「ああ、かっこいいんじゃないの」とか「まあ、好きだよね」ではなく「大好き」とまで言い切る男性に、私はまだお目にかかったことがなかったもので・・・。(同業者関係除く)


 ここから、短めレヴュー三連発。
 Sanctuaryさんの「から騒ぎ」。
 親子でブラナー映画を楽しむそうで、とてもうらやましいです。
 私の母は、何故か若~い男が好きで、私と趣味が全く合わず、昔から「あんたはまた、おっさんばっかり見て」とかなんとか言います。
 おっさんという程の年齢でなかった「から騒ぎ」を見ても、きっとKenちゃんより、ロバート・ショーン・レナードに着目すると思います。
 だめです。

 naoさんのいもずる式シネマ日記からは「ヴァージン・フライト」。
 エマびいきでヘレナがキライ・・・という、ごもっともといえばごもっともな理由でなかなか見なかったと書かれています。
 この映画については、やはり「イイ映画だった」でくくられてしまうことが多いのですが、わたしのツボ『どんどんやばくなっていき、しまいにはストッキングをかぶるKenちゃん』に少しだけ触れておられます。
 また思い出してしまったので、今夜は見ることにいたしましょう。

 世にも珍しい(という程でもない?)『世にも憂鬱なハムレットたち』レヴューは俵屋年彦さんの★千夜千幕より。
 何度も見過ぎて・・・というか、主演俳優に対する以前からの刷り込みのせいで、もはや別の楽しみ方をしてしまっている私のような人物には、目からウロコのちゃんとしたレヴューです。
 もちろん感動もいたしますが、コンディション次第では腹筋が痛くなってしまうほど、今でも笑っていますから・・・・。


 ネットさんぽをしていて、最近よくお見かけするのが、ショーン・ビーンのファンサイト・ファンブログなのですが・・・そこから、皆様に悲しいお知らせが・・・・。
 punktさんの落ち穂ひろい、去年の12月に「舞台よりすてきな生活」をみたよ、というエントリー。
 ・・・なのですが。
 ああ、もうここでは書けません・・・。
 ご覧になって悲しんで(?)ください。
 私からの言葉は、ですね・・・・。
 

 
 ファンが減ってるよ、Kenちゃん。
 
 だめじゃん!!
(笑




 えー、そんなこんなで、友達(かもしれない人)に人気を奪われている(ああ、身もフタもない・・・けど、そうなんだもん)らしいKenちゃんでした・・・。
 そろそろカッコいい役を、演じなければいけないのでしょうか。
 わたしは、へんなおじさんでも十分、いやそれだと更に楽しいのですが。
 世の中って難しいなぁ・・・。
 でも、個人的にはこの先の『M:I-3』では「すごく悪い人」を、『お気に召すまま』では「ちょっとへんなおじさん」が希望です。
 ファンもこんなんだから、Kenちゃんもあんなんなんでしょうかしら。(どんなんや?)
 
 このまま終わっては、なんだか悲しいので、今週唯一の新しい記事でおしまいにします。
 Kenちゃんの記事じゃないけど、『おともだち?』カテゴリで取り上げそうなポイントでもある、Imelda Staunton。
 高嶋カウチさんのどこでたブログ:この人、どこに出てたっけ日記で、とりあげられています。
 「こちらホゲホゲ法律事務所」という、非常に気になるタイトルの番組に出ていたそうですが、私は見たことがなく、ものすごく気になっています。
 多分、すごくおバカな番組だったのだとは思うのですが、こんな邦題をつけて放送してしまうとは、それだけですごいですよね。

 「目立つタイプの役者ではないけれど、脇を固めるのに大切な人」という評価って、それはそれて嬉しいものだと思うけれど、やはり大きく認められるのは誰だってうれしいんですよね。
 演技も含め、私が見た中でいちばん嬉しそうなイメルダの写真で、しめたいと思います。

  ものすごくエキサイティングに喜ぶイメルダ


 いや、あの、この一瞬前か、一瞬後かの写真は、演技も含め、私が見た中でいちばんかわい~イメルダだったのですが・・・・。 


 ※ やっぱり↑だけではなんだかなので・・・。
こっちがかわいいほう。



スポンサーサイト
コメント
コメント
今でもKenちゃんは気になる俳優さんです
鈴笙亭さん、こんにちは
トラックバックと、こちらでの楽しいご紹介ありがとうございました。
私の記事が鈴笙亭さんを、そんなに悲しませてしまいましたか?
今でも、Kenちゃんは気になる俳優さんの一人ですよ(No.1とはいえませんが(笑))
ああいう、ヘタレな役は結構好きなんですけど。
これからも、Kenちゃんのご活躍をお祈りしています。
2005/03/15(火) 17:54:13 | URL | punkt #F5Mk2CW2[ なおしたいよ]
爆笑!
鈴笙亭さん、見つけてくださってありがとう!

私も鈴笙亭さんのエントリをつらつら読ませてもらって爆笑させてもらいました。

エマ・トンプソンがすきで、彼女の映画ばかり漁っていたとき、「もれなくケネスがついてくる」上、傲慢で饒舌なアリサマにヘキエキしてました。それが、しばらく見ないでいると、その饒舌を浴びせられたくなる、という状態であることに気づき、まんまとはめられていたというわけです。

そろそろまた「ハムレット」あたりで毒気(こりゃ失礼..)にあたりたくなってきた。。。。。
2005/03/15(火) 20:45:41 | URL | nao #DjvZa1V.[ なおしたいよ]
ご苦労さまです~
エキサイティングなイメルダとかわいいイメルダはとても数分間のうちに撮ったとは
思えないほど年が違うように見えますね。でもかわいく撮れていて嬉しいですー。
エマとイメルダはどこから始まった関係なのかずーっと不思議だったのですが 
高嶋カウチさんのブログで 2人は学校以来の仲だとか。 イメルダの方が3歳上で
RADA出身ですし、エマはケンブリッジだからそれ以前で3つ違いで一緒の学校ってどこなんでしょう?
誰か教えてくださいー。
アカデミー賞のイメルダの席、横が通路&壁でしたね。失礼なっ!
2005/03/15(火) 21:31:30 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
こんばんは~
punktさん、もう夜なのでこんばんは。
ダメじゃん、と言ってるわりに笑ってしまいました~。
ヘタレと奇人の役を、Kenちゃんもうれしそうにやっていると思っているので、そのお言葉うれしいです。

ショーン・ビーン ファンの『ある時、その良さに豁然として目覚めた』というような表現をいくつか見かけていたので、「そうか・・・、負けているかもしれんね」と、素直に納得しかけてしまったのですが、とりあえずつっこまさしていただきました。
これからも、おまけでKenちゃんもちよっとだけ応援してあげてください♪


naoさん、いらっしゃいませ。
エマが好きだと、たいていヘレナは嫌いという方程式が成り立って、私もそうでしたが、最近は慣れてしまった私です。
そもそもエマびいきになる前からヘレナは好きじゃなかったのですが、あの清々しい略奪っぷりに脱帽です。

>しばらく見ないでいると、その饒舌を浴びせられたくなる
それは、軽度ですが中毒です(笑。
気付いてからハムレットで中和しようとすると、4時間の間にもっと進行してしまうかもしれません。
ぜひ、更に毒されてくださいませ。

2005/03/15(火) 21:54:49 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かわいいでしょ?
りりさん、2枚目の写真、ホントにかわいいですよねっ。
1枚目は、何がエキサイティングって、顔がなんだけど、あれはあれでいい写真です。
でも、2枚目があんまりにもかわいかったので、追加してしまいました。

2人の関係・・・どうなのかな、今ならイメルダの詳しいプロフィールがどこかに落ちていそうなので、まじめに調べたらわかるでしょうか?
がんばれ、りりさん!
英語が待ってるぜ!!
2005/03/15(火) 21:59:44 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。