当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
DVDの功罪


 最近は、ついに新品が1000円で売られてしまったりしているDVD。
 使われている物質の量と、制作の手間から考えれば、そりゃそうなのかも知れませんが、腹立たしいほど値段が上がり続けている書籍に比べて、ものすごい下落ぶりだと思うわけですよ。
 まあ、大きな会社の売る、一部の作品だけだとしても。

 それまで採算が取れている物はもちろん、そうでなかったかも知れない物も含めて(個人的に、それはほとんどないと思いますが)、はっきりわかるのは、1000円でも儲けがあるビジネスなんだということです。
 もちろん映画一つ一つの元手も権利料も違うのですが・・・。 
 


 そろそろアメリカ並みに薄利多売の様相を呈してきたDVDですが、だからといって、なんでも1000円にはならないことでしょう。
 お待ちかねの人も多い『ハムレット』がDVD化されたとして・・・本編4時間+特典映像あれやこれやで2枚組・発売元はアスミックとなると・・・6800円とかしそうです。
 税込みで7000円超・・・。
 『恋の骨折り損』が4800円ですもの。

 何回も何回も何回も何回も見ていると、ビデオはどんどん伸びてきて、それはもう大変なことになってしまうのですが、DVDなら何回見ても安心です。
 Kenちゃん映画のヘビーユーザーの悩みも、何もかもがDVDで発売されれば解決する事も多いはず。
 しかし最近気が付いたのですが、私の見方そのものが、ビデオが伸びやすい一因のように思えてきたのです。

 
 映画とは、始まりから見て、終わりまで通して見るべきもの。
 ええと・・・・3回めくらいまでは。

 3回くらい見ると、余裕が出てくるので、用事をしながらとか、仕事をしながらとか、流しっぱなしです。
 そして、好きなシーンになると、じっと注目するのです。

 この、好きなシーンというやつが、大問題。
 何が大問題って、流しっぱなしにしている時はいいのですが、そのシーンを見たいあまりに、早送りをしてしまうから!!

 そして、そこだけ何回も繰り返し見たりするからです。
 ついでに、そこで一時停止も当たり前です。

 ・好きなシーンの例・

☆ヴァージン・フライトの冒頭で、リチャードがひとりで暴れて作品をちぎりまくっているところ。及び、マットの上に落下して、ぱたぱたしている瞬間。
☆WWWで、ラブレスが美女を侍らせて嬉しそうなところ。及び、ヤバい状況になっているのにぐるぐるまわって妙に楽しげなところ。
☆から騒ぎで、ベネデイックが鏡の前で気取っているところ。
☆Discovering HamletでKenちゃんがしかられて(?)いるところ。
☆セレブリティで、Kenちゃんがディカプリオにいじめられているところ。



 ・一時停止の例・

☆ハムレットの、死体になって運ばれていくシーン。あの両腕の感じが何とも・・・。
☆フランケンシュタインで、ヴィクターが馬に乗っているところ。
☆ラスト近く、ベネディックがひとり立ちつくす瞬間。
☆ヘンリーⅤで、・・・・目張りが、いや顔がアップな瞬間。



 なぜだかわからないのですが、買い物をしている最中に、突然、

「今日は家に帰ったら、ハムレットが独り言を言っているところを見なくては・・・」

 と思ったり、写真を撮りに出かけているときに山の中で、

「ああ・・・ルンルンで踊り回ってはじけたピローンが見たい」

 と思いついたりするのです。
 テープはどんどん伸びるわけです。

 ビデオだと、この好きなシーンに到達するのに時間がかかりますが、DVDは親切にも、近所から発進できるようになっているので、その点とてもいいものです。
 ビデオのように、劣化の心配もありません。
 ああ、DVDってサイコーですね!!
 でも、これって、良くない点もあることに気付きました。

 それは・・・。
 
 見たいところしかみなくなること。

 です。
 特に私の場合、某「秘密の部屋」

 映画館ではさすがにうるさくて寝られませんでしたが・・・、発売日に届いたDVDを、私はまあ、冒頭からプレイして・・・・以下は映画館での感想と同じなのですが。
 ・・・なにせ、一作目を見ていませんからね、誰がなんなのか全然わかりません。
 子供たちが「うわ~っっ」「ぎょえ~っっ」(え?ちがう?)と叫んでいるシーンの連続にどんどん疲れ・・・、Kenちゃんが出てきてちょっと回復し・・・また疲労し・・・眠くなってきたところで、またKenちゃんが出てきて目が覚めて、を繰り返し。
 時々、マギー・スミスや、アラン・リックマンでも目覚めましたが、なにやら私には、この映画そのもののおもしろさが全然わからなかった・・・ようです。
 そういう気持ちで見ていますから、トイレで見つけた秘密の部屋への入り口に、ロックハート先生をハリーたちが突き落とした時には、


 このクソガキ!なんとひどいことを!!


 ・・・・と、思い、一人で怒っていました。
 
 ええ、きっと、私が間違っているのでしょう。
 その場にいた、一緒に見ていた人々は、そんなふうには思っていない様子だったので。

 その後、パーになってしまった先生を見て「まあ、かわいい」と思い、飛びながら喜んでいる先生を見て「あら、うれしそう♪」と思い、エンドロール後の姿に彼の幸福を願わずにはいられなかった私です。

 当然ながら、私の持っている『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のDVDは、その後「ケネス・ブラナー出演シーン再生専用」になってしまい、それ以外の部分を見たことは殆どありません。

 まあ、これは極端な例ですが、DVDは途中再生が簡単なので、この道に走る人も増えるだろうと。
 作った人は、もちろん通しで見てほしいのでしょうが、たとえば『ウインター・ゲスト』に一瞬だけアラン・リックマンが出ているところ、とかを友達に説明するのには便利です。

 元々は、何回も見ていて全体をよく覚えている中から、好きなシーンを見るために、DVDの機能を重宝していたのですが、『別に好きな映画じゃないけど、その人だけ見たい』という欲望にも利用可能なことがはっきりわかり、今まで以上に、部分的に映画を見そうな気がします。

 普通、「別に好きじゃない映画」は購入しない方針なのですが、冒頭にあるように、1000円とかになってきた今では、部分的にしか見ない気がしても、買ってしまいそうです。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
部分観
…にはとっても便利ですよね、DVD。
1000円だと新作レンタルで3回借りたらチャラ?
ええーい、買っちゃお!って思っちゃいますよね。
2005/03/20(日) 17:05:00 | URL | TAMA #Sg9jiOX2[ なおしたいよ]
中古市場は
新品売価が1000円だと、中古になると500円とかで、いずれ売られそうな気がします。
ビデオと違って劣化がないから、・・・いや~、ホントに今生きてて良かった~。
「映画集め」が昔みたいにマニアックな世界じゃなくなって、みんなが買えるっていいですよね。
それでもマニア道は不滅ですが。
2005/03/20(日) 17:28:41 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
ヘンリー五世の
Kenはエジプトのファラオをイメージしてあんな目になっちゃったのでしょうか?
2005/03/23(水) 19:41:21 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
それは謎です
もしかしたらああいう習慣があったのかもと思いますが、中世には詳しくないので中世の化粧なのか、ファラオのつもりか、よくわかりません。
でも各方面で話題になった作品だし、その中で「あれはおかしい」と言われていないところをみると(私が知らないだけで、言われてますか?)西洋人にはヘンではないことなのかなー・・・・。
でも、私は一時停止しますよ。
2005/03/24(木) 05:29:01 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。