当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
わたしの期待


 まぐろの漬け丼を食べて復活したものの、忙殺されつつ隙を見て妄想を続けていたのですが・・・ここに大きな問題が。

 切れ切れにものを考えるとですね、再開したときに少しずつズレが生じて、本来の目的とは全く違った方向を向いていることに気付くのに、めちゃくちゃ時間がかかるんですね。

 確認も含めての調べ物なんかも同時にやっていたのですが、調べていることそのものがそのズレからきているわけでして・・・。
 そうです、私は、
 
 途中から、自分の目的がわからなくなりました。

 でも、いいや・・・・。
 とりあえず、これはこれ、ってことにしちゃうんです。

 kenちゃんがタッチストーンというのは、あんまり意外性がなかったのですが、内心とてもホッとしたのもまた事実。
 それというのも、過去に演じた中でお気に入りの役だとか、やれなかったけれどやってみたかった役を、自分の決めるキャスティングなら自由に選べるわけで・・。
 前回、「恋の骨折り損」を見る前、そのキャスティングにちよっと驚愕してしまった記憶があるため、一抹の不安が残らないでもなかったわけでして。
 そんなこと、ないでしょうか。
 

 関係ないというか、そもそも知らなければ例えの意味もわからないかもしれないのですが、私は彼の映画作りのスタンスに、なんとなくムーンライダーズのアルバム制作のマインドが重なったりもします。
 簡単に言うと、
 

  ・自分の持ち味は出さずにはいられず、広義で既存のものから脱出したい。
  ・そのためにちょっと突飛と思われる要素も取り入れる。
  ・だからある意味わかる人だけわかってくれればいい。
  ・と、思いつつ、すごくヒットしないかなという期待ももちろんある。
  ・なので、自分なりに「ヒット要素」も組み込んでみる。


 そして、その結果・・・
 

  ・絶賛と酷評が両方される。
  ・期待していた方向には大ヒットしない。
  ・しかし次も同じことをしてしまう。


 というところがあるかな・・・と。
 いや、まあ、軽く聞き流してください。 


 さて、タッチストーン。
 彼は「道化」という職業なのですが、これはそもそもなんの人かというと、複雑ですから説明しきれませんが、一種の娯楽提供者であるのは確かだと思うわけです。
 昔はテレビもなんにもないですし、城や屋敷も広いですし。
 もちろんそれだけじゃないのですが、歴史的背景をぜんぜん知らないでいた子供の頃、お話の中でこの「道化」なる人々がですね、王様にでも誰にでも、失礼極まりない発言をしたり、ありえない行動を取ったりするのが容認されていることが、私はとにかく不思議でたまらなかったのです。
 
 今はちゃんと知っていますが、もともとは不虞者や知能発達にちょっと問題のある人なんかを、後には詩人だとか役者崩れだとかを含めて、金持ちが雇って住まわせて、無礼講させていたという感じでしょうか。
 で、その、行動が自由な彼らは、何処で何をしてもいいという建前だったので、区別のために特別変わった服装をしていたのじゃないかと思うのです。←たぶん。
 
 私の資料は中世フランス中心なので、ちょっと違っているかも知れないですが、とにかく私の頭の中の「道化像」とは、 

 

  ・角状部分のある帽子をかぶり
  ・いろんなところに鈴が付いていて
  ・靴の先もとがっていて
  ・色は赤とか緑とか


 というような、我々からすると「陽気な悪魔」(?)みたいな格好だったりするわけです。

 時代が下ってくると、これらはもっと派手になり、何もしなくても、こんな人物が出てくるだけでビックリするのではないかと思うほどです。
 幸い私の今まで見たシェイクスピア劇舞台では、演出の特性上、「一風変わった」程度だったり、異装でもおしゃれにまとめられていたのですが。

 しかし、私の中では、「陽気な悪魔」のイメージのほうがより強くて・・・・。
 それはあり得ないと知りつつも、楽しげにすごい格好で活躍するタッチストーンを思い描いてしまいました。
 手持ちの資料は訳あって載せられないのですが、探してみたところ、私のものに近く、どちらかというともっとすごい画像を見つけたので、それをちょっとご覧下さい。
 
 メニューの一番下、「クラウンの歴史」という項目の、上から3分の一くらいのところに、画像があります。

 http://www.cyber.gr.jp/doyou/tokyomad/

 お誂え向きに、この絵はどうやら、タッチストーンそのもののようです・・・。


 ・・・・・ええと、わかっていただけたでしょうか、私の想像。
 期待・・・というか、その、なんですか、アレです。
 恐い物見たさ。
 みたいな。
 
 
 心配しなくても、18世紀にはもう、このような人はいなかったでしょうから、こんなことにはならないのですが、そしたらどんないで立ちで登場してくるのでしょうか??
 映画「十二夜」のフェステみたいなのもいいですが、服装の派手な時代ですから、それなりにはじけた感じであってほしいとも思います。

 しかしやりすぎて、「Five Children and It」のおじさんみたいな方向に行ってしまったら、ちょっと泣くかもしれません・・・。
 あれはあれで、かわいいとは思いますけれども・・・・。 
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
誰か言ってやって
Kenってエマがいなくなってから空回りしっぱなしのような気がするのですが 気のせいでしょうか?
ヒュー・クラットウエル亡き今 誰がKenにダメだし出来るのか?
恐山のイタコに是非お願いしたいものです。

でも、微妙に外したタッチストーンも見てみたいー。
成功するKenよりも”またやっちゃったの?Kenちゃん”の方に楽しみを見つけているらしい私に
今更ながらびっくりしていますー。
2005/03/25(金) 21:21:40 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
ダメ出し
重鎮サー・デイム艦隊では、ブラナー号の舵取りはできないのでしょうか。
りりさん、愛しのデレくんも、”またやっちゃったの?Kenちゃん”を楽しんでいて、注意してくれないの?

私は言うまでもなくですが、またやっちゃってくれても大歓迎。
ちなみにムーンライダーズ的には、「ダメ出しに聞く耳持たず」なので、そこも同じだったら・・・、
もう、何処までも自分道を行け~。
そしてまた笑いのネタで、みんなを幸せにして下さい。
2005/03/26(土) 15:48:32 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
違いのわかる重鎮?
デイム・ジュディとサー・デレくんはKenのことが可愛くて可愛くてしょうがないみたいですからねぇ。
出来の悪い子ほどかわいいっていうやつですか、今は?

私も、以前は天才Kenちゃんに夢中でしたけど今はまたやっちゃったの?Kenちゃんの
方が楽しいですもん。
でも天才Kenちゃんはリアルタイムで見てませんから いつか絶対見たいです。

もしかしたら 重鎮サー・デイム艦隊からみたらここ数年のKenはイケているんでしょうか?
一般人にわからないだけだったりして・・・。
2005/03/26(土) 21:33:57 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
難問です。
いやぁ、なんとゆーか、・・・頼まれて役者として演ずるの部では、結構イケてる芝居をしていますからね・・・。
舞台も評判いいし・・・。
そこで相殺して、自作映画については、見守ってあげるというのが、艦隊の意志なのかもしれません。
人生を賭した趣味ってことで・・・。
「やっちゃったぁ~」とは思うけど、人をいやな気持ちにさせるものは、絶対に作らないですから♪

天才Kenちゃんはリアルタイムで見てませんから、ということは、今は天才は休業中なのでしょうか。
いつ頃まで天才だったのかな~。
次回はそのネタで行っとくかぁ、とか、思ったりして。
2005/03/26(土) 23:37:40 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
私の中では休業中?
私、コスチューム系かコメディー系のKenしか興味がないらしく 最近のシリアスなテレビドラマの
Kenは全く念頭になかったです~。ごめんなさいー。
ロックハートで借りてきた猫状態だったのが私としては余程くやしかったとみえてそれしか頭に
なかったです~。ヒュー・グラントの方が良かっただなんて言われちゃって、確かに私も
そっちの方が良かったかも・・・って思っちゃったことが余計くやしい・・・。
Kenならもっともっと面白く出来たはずなのになー。

Kenは本当はもっともっとすごいんだ!天才なんだから!って思い込んでいるから 
今のKenのよさに気づいてあげられないのかなー?と反省中でございます~。
2005/03/27(日) 21:28:05 | URL | りり #NsiuPHY.[ なおしたいよ]
コスプレは私も好き♪
コスプレ系・コメディー系に加えて、私は「わるい系」のkenちゃんも好きです。

「お気に召すまま」では、きっとコスプレでお笑いの姿が見られると、楽しみですが、やっちゃった系にも期待大。
すばらしいボケっぷりを待っていましょう~。

2005/03/28(月) 10:39:35 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。