当探検隊は、英国俳優Kenneth Branagh氏を研究しないでただ楽しむ趣旨で活動。脳内麻薬全開です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ビデオ屋の思い出


 なにせ1000円とかで映画が一本手に入ってしまう今、レンタル屋さんはとにかく淘汰されて、大手のチェーン店以外は、立地によほど恵まれない限り、きっとものすごく苦しい戦いをしているんじゃないかと思います。

 でも、「レンタルビデオ」の店自体、そんなに昔からは無かったような。
 だいたい、私が住んでいたあたりでは、宅配ピザ屋と似たような時期に(ピザのほうが早かったかも)、でっかい店がオープンして、そこから数年で一気に広がった気がします。

 マニアックなビデオ屋。
 みんななくなっちゃったら、結構さみしいかも。
 でも、儲かる商売とは思えないので、やっぱり衰退の一途を辿るんでしょうねぇ。



 その昔、私の住んでいるマンションから、歩いて5分とかからないところに、とってもナイスなレンタル屋がありました。

 そこは、どう考えても、主人が趣味か道楽でやっているに違いなく、いろんな映画に「店長おすすめ」という、手書きのシールが貼られていました。

 品揃えそのものも、結構ナイスだったのですが、なにせこの「店長おすすめ」が張られている作品が、

 ・「 世にも憂鬱なハムレットたち 」

 ・「 アル・パチーノのリチャードを探して 」

 ・「 から騒ぎ 」

 ・「 ピーターズ・フレンズ 」


 ・・・という、ある意味偏った、いやとても素晴らしい、ビデオ屋だったのです。
 もちろん、他の作品にも張られていましたが、明らかに店長は、流行りの大作ハリウッド映画よりも、こういった映画が好きだったようです。


 そんなに広くもない店内、やはり経営の都合なのか(はたまたこれも店長の趣味か?!)その五分の二くらいは仕切られたアダルト・コーナーになっていて、なにもかもを取り揃えるのは無理な作りだったにもかかわらず、なぜかkenちゃんものは、一通りあるという不思議。

 さすがにコーナーはありませんでしたが、一周すればいろいろ発掘できるという寸法です。

 「から騒ぎ」→キアヌ・リーヴス
 「セレブリティ」→レオナルド・ディカプリオ

 なぜか、サスペンスのところに「オセロ」、「相続人」「愛と死の間で」
 ホラーに「フランケンシュタイン」(ホラーか?)
 文芸のところには「ハムレット」
 イギリスの場所には、「世にも~」や「リチャードを探して」(イギリスか?)、「ヴァージン・フライト」「ピーターズ・フレンズ」、「ひと月の夏」もありました。
 戦争のところに「スウィング・キッズ」もあったっけ。

 その他、kenちゃんものだけではなく、やけに「イギリス」という棚の充実したお店だったので、「買うほどではないけれど、見てみたい」古い映画なども、かなりここでいろいろ借りました。
 
 新作はどんどん入れるし、DVDのレンタルもかなり早くからはじめて、一応がんばってはいる雰囲気だったのですが、それでもそこはかとなく「つぶれそうな雰囲気」が漂っていて、私は通いつつも、心の中で、

「店をやめるんだったらビデオをたたき売りするに違いない」

 と思って心待ちにすること二年。

 かろうじて営業が続く中、私は引っ越してしまい、その店には行くことが出来なくなってしまいました。

 でも、引っ越して半年ほど経ってから、車で前を通ったら、


 つぶれてました・・・・・・・。


 
 とても残念です。
 アレもコレも救出しようと思っていたのに・・・。

 あの、店長お気に入りビデオたちは、何処へ行ってしまったのか・・・。
 (気に入って勧めているんだから、自分では別に持っていそうなので、持って帰ってはいないような気がするのです。)

 今でもちょっと、それだけが心残りです。
 
スポンサーサイト
コメント
コメント
いつも行くレンタル屋は、潰れそうで潰れないとても良いレンタル屋です。▲タヤと違って、経費掛けてないから。
でも、店員さんは探し物に命掛けています。
探し物を頼むと2~3人で走って探します。

「ハイ・シーズン」と「世にも憂鬱なハムレット」「マスケラ」が無いのは悔やまれます。
N・ファレルの「ビュティフル」はありますよ。

クラシックコーナー?にバラバラに有ったKenちゃん物は私が、製作順に置き換えてみました。(店員さんの目を盗んで)

2005/04/01(金) 06:05:29 | URL | 蓮 #-[ なおしたいよ]
まちがい
「ビュティフル」は「ビュティフル・ピープル」の間違いです。
ボスニア紛争を扱った映画ですが、ニック・ファレルの事を「お金はないけど、良い人」のせりふには笑えました。
2005/04/01(金) 06:14:52 | URL | 蓮 #-[ なおしたいよ]
いいな~
みなさんお店に恵まれてますね~。
手書きシールに店内総動員捜索、
行ってみたいです~。
あ、でも総動員捜索はあんまり変なのは頼みにくいか(笑)
2005/04/01(金) 09:35:20 | URL | TAMA #Sg9jiOX2[ なおしたいよ]
いいビデオ屋
今居るところの近くには、いいところがなくって、
いつもその店が懐かしくなるんです~。

蓮さん、
ニック・ファレルのその映画は見たことがないので、今度探してみますね。
「マスケラ」をレンタルで見たことはまだ無いのですが、
ヘレナがバートンとずっと仲良くしていれば、
いつか入荷するかもしれないと思います。
置き換えはこっそりやったことがあるのですが、
いつのまにかサスペンスに戻されている「オセロ」。
あれだけは今でも謎です。

TAMAさん、
ジェフリー・ラッシュ主演でマルキ・ド・サドを描いた、「クイルズ」。
みつからなかったので店員に探してもらったのですが、
思いっきりR指定になっていて(知らなかった)、微妙に恥をかいてしまいした。
それ以来、開き直ってなんでも頼めるようになりました(苦


2005/04/01(金) 11:57:37 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
字幕用を
探して貰った「夢見る頃を過ぎても」、何とリチャド・ブライアーズが日本語を喋っているではないですか。
やっぱり年は隠せなかったかと、思いっきりヘコミました。
日本語のブライアーズさんとても変です。

2005/04/02(土) 17:24:54 | URL | 蓮 #-[ なおしたいよ]
それは痛い~
私も何回か、間違えて吹き替え版を借りてしまって、
もういちど同じ映画をレンタルし直したりしました~。

DVDだと、その点のマチガイだけは無いので、
なるべくあるものはDVDで借りるようにしています。

昔は吹き替え映画が普通だったのに、なんか最近は落ち着かなくて、見られなくなりつつあります~。




2005/04/02(土) 18:19:25 | URL | 鈴笙亭 #-[ なおしたいよ]
かいてあげる
URL:
Comment:
Pass:
秘密にする?: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。